盗聴器のおはなし

盗聴器の法律

盗聴は違法ではない!?

日本では、盗聴器の販売、購入、設置、盗聴波の傍受は違法ではありません。なぜなら盗聴行為そのものを罰する法律がないからです。 仕掛けた盗聴器からの電波を手元で受信することは、ラジオ放送を受信しているのと同じ行為ということになるのです。 しかし、盗聴は個人のプライバシーを侵害しています。私は盗聴行為そのものを犯罪だと考えています。盗聴行為が罰せられるとしたら、以下のような場合の個別の罪のみ問われる形となります。

■盗聴器を仕掛けるために許可無く他人の家へ侵入した場合は、「住居侵入罪」
■電話線を切断し盗聴器を接続した場合は「電気通信事業法違反」
■傍受した内容を、他人に漏らした場合は「電波法違反」
■盗聴器を仕掛け、つきまとった場合は「ストーカー規制法違反」

以上のように、盗聴するというその行為自体は違法ではないのです。しかし、最近は目的もなくいたずら感覚での盗聴が増えています。それらを罰する方法がなければ、いたるところに盗聴器があると考えなければならない状況になりかねません。盗聴器は、一度設置しておくと、設置した本人以外でもその盗聴波を受信することができます。つまり、ひとつの盗聴器だけで多くの人にプライバシーを侵害されているということになるのです。しかし、その「傍受」という行為も違法ではありません。ラジオの電波を受信するのと同じように、ただたんに電波を受信しているだけだからです。世の中には「傍受」を楽しんでいる人も大勢います。盗聴器が見つかってもその犯人を直接捕まえる以外には法の下に裁くことはできません。考えるだけで嫌な気持ちがするのですが、法律がないので罰することができません。このままの状況ではきっと盗聴という行為自体が増え続けることでしょう。それだけはどうしても避けたいですね!それには、自分でしっかりと対策を行うしかないのです。

Copyright(c)2008 盗聴器のおはなし. All rights reserved.