盗聴器のおはなし

盗聴器の種類

盗聴器の種類をご紹介します

盗聴器は、時代が進むに連れ、その姿を変化させてきました。今や盗聴器は小型化、高性能化に進化しています。さらにその扱いもより簡単になり、誰もが容易に仕掛けられるようになっているようです。そんな盗聴器には、用途に合わせてさまざまな種類があります。

■盗聴器の基本

■直接式盗聴器

■内蔵型盗聴器

■電話の盗聴器

■無線式盗聴器

 

 

■・・・盗聴器の基本
盗聴器といったら、コレ!!黒い箱型のいかにも怪しい感じの盗聴器です。古くからあるタイプで、マッチ箱ほどの大きさがあります。そのため、見つかりにくい場所へ隠されて使用されています。特に天井裏や、家具の裏などに隠されているケースが多いです。

■・・・直接式盗聴器
直接、壁面にマイクをあてて盗聴するの盗聴器のことを直接式盗聴器といいます。このタイプは電波を飛ばさずに、壁越しに直接盗聴する方法ですので、隣人や隣の部屋に自由に行き来できるケースでの発生が多いです。主にテープレコーダーがついた大きなタイプが多いようです。

■・・・内蔵型盗聴器
盗聴器が、ぬいぐるみやテレビ、オーディオ製品から、ボールペンまで、さまざまな日常用品の内蔵されている盗聴器のことを内蔵型盗聴器といいます。これは、普段良く使う日常用品の中に内蔵されているため、盗聴されていることに気がつかない場合が多くあります。このタイプは、贈り物や、もらいもの、中古品などの日常用品に内蔵されていることが多いため、よく人から贈り物を受け取る方は気をつけたほうが良いかもしれません。

■・・・電話の盗聴器
電話線や、電話機に直接仕掛けられている盗聴器のことです。このタイプは、電話での会話を盗聴するための盗聴器ですから、室内の音は盗聴されません。ですが、電話での相手の声も盗聴されますので、気をつけましょう。

■・・・無線式盗聴器
もっとも一般的に使用されているのが、室内に仕掛けられた盗聴器から電波で音を盗聴するタイプの盗聴器です。離れた場所から室内の音を受信することができます。また目に見えないので見つかる可能性は低いです。

Copyright(c)2008 盗聴器のおはなし. All rights reserved.